パソコンの修理が必要となったとき、メーカー保証期間内(通常1年間)であれば、使用者に過失がない故障に限り無償で修理してもらえますが、保証期間が過ぎてしまうと、その費用は高額になることが多いです。メーカーがホームページで提示している修理価格に比べ、格安で修理を行ってくれるパソコン専門店や修理専門業者があり、店舗への持ち込み修理以外にも、宅配便での発送や訪問によるパソコンの修理を行ってくれます。但し、訪問による修理を依頼した場合、店舗への持ち込みや宅配便による発送の修理に比べ、出張費や時間毎の作業料金が掛かるためやや高額となります。パソコン専門店やパソコン修理専門業者に修理を依頼する利点は、価格だけでなく、過失による故障時や純正部品の製造終了などによりメーカーサポートが終了してしまったパソコンでも対応してもらえるところです。また、メーカーが受付を行っていない休日や夜遅くまで対応してもらえます。

格安パソコン修理業者の料金を比較

パソコン修理専門業者のホームページに載っている修理価格にはバラツキがあります。例えば、OSの初期化やデータ復旧などの作業については、どこの業者も同じような金額が表示されていますが、マザーボードの交換の場合では、メーカー修理価格では5万円~6万円となっているのに対し、修理業者の料金表では1万円~4万円と大きく開きがあります。これは表示されている価格が作業料金のみのものと、部品代を含むものがあるためです。一方で、同時に修理が可能な内容に関しては、各料金の合算ではなく、作業料金が割り引かれていることもあります。基本料金や分解料金を別途設定している業者もあるので、格安でパソコンの修理を済ませたい場合は、複数の業者から見積りを取り、修理内容と金額をよく確認しましょう。

信頼のできるパソコン修理専門業者の見極め

パソコンの使用期間が長くなるほど故障し易くなるのと同時に、多くの個人情報や大切なデータが保存されていきます。電源トラブルや起動トラブルなどでデータの取り出しや消去が困難となってしまったパソコンを修理に出すのはメーカーであれば、修理専門業者であれ不安を感じます。数多くある修理業者の中には、行われていない修理費用を上乗せしたり、高額なサポート料を請求してくる「悪徳業者」も存在します。見積りが明らかに安い場合や送付による修理のみの受付しかしていない場合は、修理を依頼する前に会社や店舗が記載されている住所に実在しているか、電話がつながるかなどを確認しましょう。取り扱いの信頼性においてはメーカー修理に勝るものはありませんが、メーカーの出張・訪問修理を委託されている優良な修理業者も存在しています。「パソコン整備士」の資格を取得したスタッフがいるか、「プライバシーマーク制度」、や「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)」マークの掲載がされているかなどで、その業者が事業に取り組む姿勢を伺うことができます。

修理依頼を受けてから最短で30分で修理が可能です! 取り出したいデータの復旧も行なっております! 法人のお客様の壊れてしまったPC一括で修理します!是非ご相談ください! 修理実績100,000件を突破!! お客様にご納得頂ける価格でサービスを提供してます! 店舗の近くにお住いの方は店舗までお越しください! どんなパソコンの故障でもお任せ下さい!スピード感を持って、親切・丁寧に対応します! パソコン修理を格安で希望ならリペアマスター