パソコンを販売しているメーカーで定められた一定の期間内なら無償でパソコン修理を受けることが可能です。サポート期間はメーカーによって異なりますが、1年から3年程のサポート期間に設定されている場合が多いです。簡単な故障なら無償ですし、修理費用が必要でも格安になる場合が多いです。パーツそのものに故障がなければメーカー側も簡単に修理が行え、運が良ければ無償で修理を受けられます。この方法では正規の販売元が修理を行うため、修理後も安心して使用できます。他の業者に依頼するよりも修理後の不具合が起こりにくいです。その為パソコンが故障した場合は、まず購入したお店やメーカーを確認してレシートや保証書を元に、サポートが受けられるかを確認する必要があります。

自分で解決出来る故障かを確認する

故障状況の確認には多少の知識が必要になりますが、故障の原因がケーブル接続の不具合等の場合には業者に出さなくても格安でパソコン修理が行なえます。まずは電源コードがしっかりとコンセントに接続されているかを確認して電源ボタンを押します。反応がない場合にはケースを開けて中を確認します。もう一度電源を入れてみて内部のファンが回っていれば、パソコンそのものは正常な可能性が高いです。逆にファンが回っていなければ、電源等の故障が高く、パーツの交換か業者への修理依頼が必要です。ファンが回っても画面に反応がない場合には、画面とパソコンに接続されているコードが抜けかかっている可能性があります。コードをしっかりと挿し込んでも改善しない場合、グラフィックボードが搭載されている場合には一度抜いてから再度しっかりと差し込みます。これでも改善しない場合にはパーツそのものの故障が疑われます。

インターネットなら格安のパソコン修理業者が見つかる

パソコン修理ではパーツの交換が必要な場合も多くあります。実際のお店では交換用のパーツを用意する際に輸送費だけでなく人件費等も必要になります。それ以外でも光熱費なども必要になるため、修理費用は比較的高めに設定されています。逆にインターネットを利用している修理業者は、実際のお店を持たないため光熱費や人件費が必要ありません。余計な費用が掛からない為、その分修理費用を安くしてサービスを提供出来ます。更にインターネットでは簡単に修理業者が検索できて、多くの業者がすぐに見つかるため、簡単に修理費用の比較が出来ます。インターネットでの見積もりは、修理業者のサイト上でパソコンの機種や型番を選択するだけで簡単です。インターネットなら実際のお店と変わらないサービスを格安で受けられます。